カードローンの審査の年齢基準

カードローンの審査の年齢基準

カードローンを利用するためにはまず申し込みを行い、申込みの後審査へと進みますが、審査に際しては様々な条件があります。基本的な条件として挙げられているのが年齢条件です。一般的には18歳以上というのが原則的な年齢の基準となっています。しかし、いくら18歳を超えているからとはいえ高校生の場合は借り入れができません。借入の申し込み者が高校生の場合はカードローンの申し込みの時点でNGと判断されてしまうでしょう。カードローン借り入れの際の基本的な年齢制限は18歳以上からとなっていますが、年齢基準を超えていても借り入れを申し込んだ本人に安定した収入があり、さらに返済能力があるかどうかを判断することになりますので、学生の場合はカードローンの審査で落ちてしまう事があります。学生が審査を通るか、落ちるかは各金融機関の扱っているカードローン商品によって判断基準が違ってきます。カードローンの種類によっては学生やアルバイトの場合でも借入ができるカードローンもあります。ただ、未成年やもしくは学生の場合には必ず親権者の同意が必要となりますので、申込みの前に親権者へ相談して、親の同意を得たうえで申し込みを行いましょう。カードローンの審査の基準として年齢の上限も定められています。上限の年齢も一概にはいえませんが、一般的には60歳から65歳までの間となっている場合が多いそうです。年金の受給開始年齢が年々上がっていく中、老年齢での借入基準があるために、60歳を超えてのカードローンの審査に通らないというリスクが有ります。

新着情報

おすすめサイト

関連情報